最新の美容機器を活用して身体の負担を少なく

楽しく日常生活を送るために美容について考えよう

輪郭成形方法

輪郭整形とボトックス注射

私はボトックスで輪郭(エラ)のプチ整形をしたことがある。ボトックス注射は局所的に筋肉の効果を弱めることで、筋収縮を抑制する。ただし効果は永続するものではなく、通常エラであれば2、3ヶ月に1度の施術が効果維持のために必要となる。 エラの輪郭にコンプレックスを抱いていた私だが、とても削るような手術までは考えられず、注射程度の施術で効果があるなら手軽だし値段次第では続けられると考えた。そして実際に某美容外科の割引キャンペーンを利用してみたのだが、それが今まで10年続いている。逆に言えば、10年続けても筋収縮に異常はないし、10年続けてもまだ施術が必要である。つまり長い目で見れば、輪郭は整形手術の方が安上がりということもあるのかもしれない。

ボトックスの選び方や施術について

私の通う美容外科では、ボトックスは2種類ある。韓国産とアメリカ産のものだ。韓国産は効果が不安定だが、価格が安い。庶民価格だ。対してアメリカ産は効果が安定しているが、価格が高い。とても手が出るものじゃない。もっとも安い施術でも3万以上の開きがある。聞くとやはり韓国産を利用する人が多いそうで、私も韓国産を利用しているが、効果は十分にあるので問題ないと思う。 初回はカウンセリングが30分程度あり、その後で施術になる。エラのプチ整形の施術は5分程度で終わる。他の輪郭整形もそこまで変わらない。 注射前に顔をコットンで消毒する。その後で注射を片側に3、4回する。本当にチクりとするだけで苦痛は一瞬だが、思いのほか痛いときもある。その後看護師の方が顔のマッサージをしてくれて施術が終わる。なお2回目以降は施術だけで良いので、本当にすんなり終わるので、時間を気にする必要はほとんどない。少しでも参考になれば幸いです。

Copyright© 2015 最新の美容機器を活用して身体の負担を少なくAll Rights Reserved.