最新の美容機器を活用して身体の負担を少なく

楽しく日常生活を送るために美容について考えよう

脂肪吸引後の生活

体への負担がさらに軽減されそうです

 現在行われている術式の脂肪吸引手術が開発されたのは、今から50年程前のことです。カニューレという名前の吸引器具が考案されたことによって、安全性の高い脂肪吸引手術が可能になりました。とはいえ、ごく初期に行われていた脂肪吸引手術は、現在の手術に比べると格段にハードなものでした。手術中の出血量が相当なものでしたし、術後は体を包帯でぐるぐる巻きにして、しばらく入院している必要がありました。しかし、その後、患者の体への侵襲を抑える研究が続けられたおかげで、昔に比べると体にかかる負担が大きく軽減されました。現在では日帰りで手術を受けられるようになっているため、多くの女性が脂肪吸引による痩身治療を受けています。また、今もなお研究が続けられていますので、体にかかる負担がさらに軽減されるだろうと期待されています。

脂肪吸引後はしばらく体を休める必要があります

 一昔前に比べると体にかかる負担が大きく軽減されていることは事実ですが、体にかかる負担が完全にゼロになっているわけではありません。皮膚の表面にメスを入れ、そこから吸引器具を挿入して脂肪を吸引することになりますので、体の内部はそれなりに大きなダメージを受けます。術後しばらくの間は腫れや痛み、内出血等が起こりますので、なるべく安静を保つようにする必要があります。無理をして動き回ると体の回復が遅れてしまいますし、具合が悪くなってしまう可能性があります。ですので、仕事を持っている人の場合は、術後しばらくは休暇を取る必要があります。どうしても仕事を休むことができないという人は、脂肪吸引ではなく、脂肪溶解注射などの方法で痩身治療を受けることを検討してみることをおすすめします。

Copyright© 2015 最新の美容機器を活用して身体の負担を少なくAll Rights Reserved.